上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 遺産の未来任せて 富岡中と富岡東中  生徒が集会で決意
遺産の未来任せて 富岡中と富岡東中  生徒が集会で決意
 群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録決定を受け、構成資産のある4市町の小中学校や高校で各資産の価値や果たした役割を次代に伝える取り組みが広がっている。子どもたちは絹文化や地域への愛着を深めようと養蚕を体験したり、記念セレモニー、PR活動などを次々に企画。「世界の宝」と認められた歴史ある資産を受け継ぐ世代が着実に育っている。
富岡中と富岡東中の生徒計529人は6月23日、富岡製糸場西繭倉庫前で「世界遺産登録を祝う生徒集会」を開き、“世界のトミオカ”を引き継いでいくことを誓った。
 集会は両校の生徒会が中心となって企画。この日に向けて「歴史を紡いだ生糸から きっとつながる輝く未来!」などと書いた横断幕を準備してきた。

(2014年06月23日撮影)[視聴時間 : 00:58]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21