上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 30メートルの“鼻”も凍る 真冬の美  南牧・象ケ滝
30メートルの“鼻”も凍る 真冬の美  南牧・象ケ滝
 流れ落ちる水が象の鼻に似ていることから名付けられた南牧村熊倉の「象ケ滝」で、落差約30メートルの水流が氷塊と化し、訪れた人が荘厳な自然の造形に魅了されている。
 普段の流れそのままの形で凍った滝を目の前にすると、まるで時が止まったよう。青みがかった氷の内側には、水の流れが透けて見える。
 滝へは、村営バス熊倉停留所付近に車を止め、約2キロ歩く。途中の遊歩道は一部崩落があるため注意。沢を歩ける服装や装備が必要。問い合わせは村観光振興室(電話0274・87・2011)へ。
南牧村熊倉 象ケ滝
(2014年01月24日撮影)[視聴時間 : 01:15]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21