上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 《駅(えき)上越線・吾妻線(3)郷原駅》真田ファン待つ無人駅
《駅(えき)上越線・吾妻線(3)郷原駅》真田ファン待つ無人駅
 東吾妻町北部にそびえる岩櫃山(いわびつやま)(802メートル)の麓に、小さな無人駅がぽつんと建っている。青い空、荒々しい岩肌、和風な造りの吾妻線郷原駅(同町郷原)の“共演”が駅利用者やドライバーの目を引く。
 駅は、国道145号沿いにあり、1日当たり90人ほどが乗車する。周辺には、2016年のNHK大河ドラマで取り上げられる戦国武将、真田氏ゆかりの史跡が点在している。真田幸村の父、昌幸が主君の武田勝頼を迎えるために建てたとされる「潜龍院跡」や「郷原城跡」を巡る“真田ファン”が、同山の登山客と共に駅を多く利用する。
 駅を降りると、真田氏の家紋、六文銭が入ったのぼり旗がたなびいていた。同山のPRや観光振興を目的に、岩櫃山連絡協議会(山野彊(つよし)会長)が設置、「真田ブームで訪れるお客さまを、町を挙げて歓迎したい」と意気込む。大河ドラマ放送は駅利用者の増加と、周辺活性化の追い風となりそうだ。

(2014年09月10日撮影)[視聴時間 : 01:01]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21