上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 「ここで最後」気合のしぶき  川原湯の湯かけ祭り
「ここで最後」気合のしぶき  川原湯の湯かけ祭り
 長野原町の川原湯温泉で約400年前から続く奇祭「湯かけ祭り」が大寒の1月20日早朝、共同浴場「王湯」前で行われた。八ツ場ダム建設に伴い、水没予定地にある王湯は今年中に高台に移転、歴史ある温泉街で最後の開催となる。下帯姿の男たちが例年以上の熱気で威勢良く湯をかけ合った。
 勇壮な和太鼓の演奏に続いて、午前5時ごろから湯の恵みに感謝する神事が執り行われた。王湯の下にある源泉を分湯し、近くの共同浴場「笹湯」と川原湯神社に奉納すると、湯かけ合戦が始まった。
 「ここでやる最後の湯かけ。気合を入れろ」。総大将の冨沢和久さん(45)の号令で、中学生から50代まで赤組と白組に分かれた60人の選手が一斉に湯をかけると、辺りは白い湯煙が立ち込めた。「お祝いだ」「お祝いだ」―。氷点下10度近くまで冷え込み、湯しぶきもすぐに凍り付くほどだったが、選手と観光客、カメラマンら約300人の熱気であふれた。
 夜が白けてきた午前6時半ごろ、紅白のくす玉を割って、中から出てきた4羽のニワトリを選手が奪い合った。王湯の目の前の高台には、湯の守り神「湯前(ゆぜん)さま」が祭られている。湯かけ祭りが一区切り付いたのを受け、全員が湯前さまに向かい、手拍子で締めた。
長野原町 川原湯温泉
(2014年01月20日撮影)[視聴時間 : 00:58]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21