上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 東武鉄道(4) 貨物輸送で栄える 西小泉駅
東武鉄道(4) 貨物輸送で栄える 西小泉駅
 ホームを覆う上屋を木材の骨組みが支え、駅舎には昭和の面影が漂う。築70年を超えた西小泉駅(大泉町西小泉)は、開設以来変わらぬ姿を見せている。
 駅は戦争中の1941(昭和16)年に、中島飛行機小泉製作所で働く人や物資を運ぶため、工場近くに開設された。だが終戦を迎えると、製作所跡に進駐してきた米軍が物資の輸送に駅を利用するようになった。当時は町のあちこちに英語の看板を掲げた商店が見られたという。
 時を経て、米軍から三洋電機、そしてパナソニックと製作所のあるじは交代し、ブラジル人が多く暮らす町内にはポルトガル語の看板が目立つようなった。
 駅には中島飛行機の工場や 米軍に関わる歴史の痕跡はなく、利用者は現在、通勤通学客が大半を 占める。使われなくなった西側のホームが、貨物輸送の多かった 時代の名残をわずかに感じさせる。
大泉町西小泉
(2013年09月10日撮影)[視聴時間 : 01:06]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21