上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 構内彩る地域の絆 わたらせ渓谷鉄道沢入駅
構内彩る地域の絆 わたらせ渓谷鉄道沢入駅
 新緑で彩られた渓谷に警笛を鳴り響かせ、1両の列車が沢入(そうり)駅(みどり市東町)のホームに到着した。築80年以上の木造の待合所では高齢の女性客同士があいさつを交わし、ゆっくりと車両を乗り降りしていた。
 駅は1912(大正元)年にできた。駅舎は1995年に建て替えられたが、国登録有形文化財の上下ホーム待合所は今も現役で使われる。郵便局が併設され、食料品を載せたJAの移動販売車が週1回訪れる。スーパーや銀行のない山あいの集落にとって、駅は欠かせないインフラとなっている。
 駅近くの住民によると、通学時間帯に駅を利用する学生は数人程度。ただ、地域は過疎が進み高齢者が多くなっているため、駅の必要性はむしろ高まっているという。
 駅構内には住民グループが十数年にわたってアジサイを植栽し続け、初夏には紫色の花が構内を彩る観光名所となった。地域と鉄道は結びつきを強めている。
みどり市東町
(2013年04月25日撮影)[視聴時間 : 01:01]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21