上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > いそべ満月白うさぎ もっちり新感覚 お菓子のゆもと 安中市磯部
いそべ満月白うさぎ もっちり新感覚 お菓子のゆもと 安中市磯部
 磯部せんべいの間に粒あん入りの生クリームを挟み込んだ新感覚の和菓子。「いそべ満月白うさぎ」は、温泉街の一角に店を構えるお菓子のゆもと(安中市磯部)の人気商品だ。せんべいを使っているとは思えないしっとり、もっちりとした食感が、多くのファンを引きつけている。
 「いそべ満月白うさぎ」の誕生は5年前。開発に携わった2代目社長の湯本明さん(64)は、「『磯部せんべいはパリパリでなければいけない』という既成概念から離れ、発想を転換して和菓子を作ろうと思った」と振り返る。
 議論を重ねる中で、磯部せんべいを湿らせると、独特の風味が引き立つことが分かった。そこで粒あんを使った生菓子を作ることを決意。若い世代にも受け入れてもらえるよう生クリームを混ぜることを思いついた。直径8センチの磯部せんべい3枚に、上品な甘さ、風味のあんクリームを2層に挟み込む。せんべいとクリームが主張しすぎないよう、何度も試行錯誤を重ねた。
 販売方法や食べ方も工夫を凝らした。凍らせて販売。アイスのような感覚で食べたり、自然解凍したりオーブントースターで焼いて食べる方法などを提案。さまざまな味わい方を楽しめるのが人気だという。
 新商品の研究開発にも熱心だ。素材にこだわって選んだ砂糖を用い、磯部せんべいとアーモンドを絡めて焼いた「いそべの羽シュクル」を発売する。湯本社長は「磯部せんべいのおいしさを、今後もさまざまな形で表現していきたい」と話している。
安中市磯部 お菓子のゆもと
(2013年11月22日撮影)[視聴時間 : 01:34]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21