上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 駅 JR信越本線・八高線(6) 群馬藤岡駅 朝日に輝く色瓦
駅 JR信越本線・八高線(6) 群馬藤岡駅 朝日に輝く色瓦
 だいだいや黒など色鮮やかな瓦を使った屋根が朝日を受けて輝く。八高線の群馬藤岡駅(藤岡市藤岡)の駅舎は、地元の瓦産業の技術が垣間見れる。
 駅は八高線の全線開通より3年早い1931(昭和6)年に開業した。駅舎は1994年に、JRと藤岡市、県陶器瓦協同組合が協力して現在の形に改装。老朽化していたスレートぶきの屋根を全面的に藤岡瓦にふき替えた。
 瓦製の駅名プレートと駅入り口を飾る鬼瓦を担当した地元の山口鬼瓦店は「藤岡の瓦業者が力を出し合い改装した」と振り返る。
 地元の顔である駅の1日の乗降客数は2370人(昨年)。県内の八高線は非電化のままで、駅ホームには昔ながらのディーゼル車両が独特の振動音を響かせ入ってくる。田園地帯を走る路線のイメージと相まって、レトロな雰囲気を醸し出している。
藤岡市藤森 群馬藤岡駅
(2013年11月10日撮影)[視聴時間 : 01:38]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21