上毛新聞ニュース動画

  1. トップ
  2. > 《駅(えき)上越線・吾妻線(5)沼田駅》 尾瀬ハイカーの玄関口
《駅(えき)上越線・吾妻線(5)沼田駅》 尾瀬ハイカーの玄関口
 「もうすぐ電車来るよ」「うん、急ごう」。駅へと続く長い坂道を、高校生たちが駆け下りていく。夕日が稜線(りょうせん)を赤く染め、上越線沼田駅(沼田市清水町)はにぎわいを増す。
 開設は1924(大正13)年。森林資源が豊富な利根沼田地域は、同駅を核に木材業が発達した。昭和30年代になると、尾瀬へのハイカーが多く降り立つ駅になった。
 駅舎に入ると、8枚の立派な絵画が目に入る。50(昭和25)年に、旧沼田町が公募で選んだ8人の画家による「沼田八景」だ。雪化粧した山や夕映えなど地域が誇る絶景を紹介している。
 尾瀬や河岸段丘、吹割の滝といった自然に加え、果樹園やウインタースポーツなど利根沼田地域には、魅力があふれている。沼田駅は観光振興に欠かせないインフラだ。山が赤や黄に色づき、観光客やハイカーでにぎわう紅葉シーズンが近づいている。

(2014年09月13日撮影)[視聴時間 : 00:59]
関連動画

▲ページトップへ

上毛新聞ニュース動画に掲載の記事・写真・動画の無断転載を禁じます。 Copyright JOMO SHINBUN. All right reserved. 上毛新聞社 / 371-8666 群馬県前橋市古市町1-50-21